専業主婦でも借入可能な銀行カードローン

ほとんどの金融機関では、キャッシングやカードローンの利用条件として、20歳以上で安定した収入であることとなっています。そのため、収入のない専業主婦は利用することができないことになっています。特に、消費者金融のキャッシングサービスの場合、総量規制といった法律で規制されているため、専業主婦は利用不可能です。

ですが、一部の銀行カードローンなら、専業主婦でも利用可能なサービスがあります。ただし、これには配偶者の安定した収入があることが前提条件となります。申込みの際には、通常のキャッシングサービス同様、本人確認ができる書類の他にも書類が必要となります。夫婦であることを証明できる住民票や戸籍抄本、夫の同意書、夫の所得証明書などが必要となります。

申込みの際には、夫の同意書が必要であったり、夫の職場に確認の電話連絡があるため、夫にもカードローンの利用が知られてしまいます。しかし、金融機関の中には、夫の同意書不要で利用できるサービスを行っているところもあります。数は少ないですが、どうしても夫に知られずに利用したいと行った時にはとても便利です。

ただ注意しなければいけないのは、専業主婦の場合、限度額が低めに設定されているといった点です。多くの銀行では、専業主婦の借入の場合、30〜50万円程度の限度額となっています。



このページの先頭へ