パートやアルバイトのキャッシング事情について

キャッシングは正規雇用の社員じゃなくアルバイトやパート勤めの方でもご利用頂けるということで、とても間口の広い金融機関であることは間違いありません。昨今の日本の雇用状況は非正規の割合がかなり多くなってまいりましたので、正社員じゃなくてもキャッシングを普通に利用できるというのはとてもありがたいことかと思います。

しかしアルバイトやパートでもやっぱり長く同じ所で働いている方が審査などで有利になる場合が多く、やっぱりそれだけ信用に足る人間であると判断されるからなんだと思います。コロコロと職を変えている人間はどうしてもお金を貸しても返ってこない可能性を考えないといけませんから、審査で不合格になってしまうことも往々にしてあるんです。

ではどれくらいの期間バイトやパートを続けていれば安心できるのかというと、一般的には少なくとも半年くらいはその職場で働いているのが基準じゃないかと言われています。できれば複数年あると審査で良い評価を得られるかと思いますが、半年あればなんとかなるケースが結構あるので心配するほどではないでしょう。

それと複数のキャッシング会社に申し込みをしてしまうパターンが良くなく、事前にネットなどの情報で吟味をしてこれぞというキャッシング会社で申し込みをしたほうが良いでしょう。


このページの先頭へ