カードローンには最高金利と最低金利があることはご存知ですよね?
例えば、4.5% 〜 18.0% というように表記されている場合、4.5%が最低金利で18.0%が最高金利です。

実は、この金利は融資限度額で決まります融資限度額が低ければ金利が高く、限度額が高ければ金利は低くなります。これは、貸金業法の利息制限に基づいて各消費者金融が決めています。利息制限では、10万円未満は20%、100万円未満は18%、100万円以上は15%が最高金利でそれを超える金利で貸すと罰せられるのです。

つまりたくさん借りれる人の方が金利は低くなるということです。しかし、最初に契約したときは限度額は50万〜100万円で金利は最高金利になる人がほとんどです。よほど属性が良くて最初から限度額が高く金利も低くといった契約ができる人はほんの一握りと考えてよいでしょう。

ですから、カードローンを比較するときに最低金利の方ばかり気にして比較しても仕方ありません

最高金利の方で比較してみるとだいたいどの消費者金融も同じですから(プロミスが唯一17.8%と若干低い)、どこで借りても同じと言えます。

銀行は最高金利が低い

このように消費者金融の場合、最高金利は横並びですが、銀行の場合は各社で差があります。また、銀行は消費者金融よりは金利も低く最高金利でも15%程度が一般的です。中には7%台といった銀行もあります。

銀行は審査が厳しいと言われますが、銀行で借りれれば金利が低い分返済負担も軽くなると言えます。

金利を比べてみよう

消費者金融や銀行カードローンの金利を比較してみました。はじめて申し込む人のほとんどが最高金利での契約になるので、最高金利の低い順に並べてみました。

金利が4.7% →3.0% にDown!、限度額が500万 →800万にUp!

300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 1.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要
※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。
金利年1.9% ~ 14.5%
融資額最高 800万円
融資時間最短即日(※)
※ 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
金利年4.5% ~ 17.8%
融資額最高 500万円
融資時間最短1時間(※)
※平日の14時までにWEB契約完了が必要
融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
金利年3.0% ~ 18.0%
融資額最高 800万円
融資時間最短1時間(※)
※平日の14時までに審査完了することが条件

モビット

電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • PCからWEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能

※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。
金利 融資額 融資時間
年3.0% ~ 18.0% 最高 800万円 最短即日(※)
※ 14:50迄の振込手続完了が必要(審査結果によっては不可)

アイフル

遂に30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。
金利 融資額 融資時間
年4.5% ~ 18.0% 最高 500万円 最短即日(※)
※申込みの時間帯によっては翌日以降になる場合あり

スルガ銀行グループ ダイレクトワン

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からの楽々返済(融資額10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

金利 融資額 融資時間
年4.9% ~ 20% 最高 300万円 最短即日

キャッシングエニー

きめ細かなサービスがモットー
  • 最大融資額 300万円
  • 実質年率 5.0% ~ 20.0%
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 貸金業法に基づくおまとめローンにも対応

金利 融資額 融資時間
年5.0% ~ 20.0% 最高 300万円 最短即日

ご融資どっとこむ

フリーローンからビジネスローンまで多様!
  • 最大融資額 500万円
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 実質年率 15.0% ~ 20.0%
  • 借り換え・おまとめローンなら7.3%〜15.0%
  • 日本全国、振込融資が可能

金利 融資額 融資時間
年15.0% ~ 20.0% 最高 500万円 最短即日

金利を下げるには

金利を下げるには、最初の借入から何ヶ月か返済の実績を積むことです。支払い期日に遅れること無く、きちんと返済をしていれば、限度額を上げてもらう相談ができます。限度額が上がれば金利も下がります。

限度額を上げたからといって、その分だけお金を借りないといけないという意味ではありません!限度額は最高でそこまで借りられますよという意味です。限度額300万円で10万円だけ借りるというのもOKです。限度額50万円の人が10万円借りるよりも限度額300万円の人が10万円借りた方が金利が低いので返済額も少なくて済みます。

無利息期間を利用しよう

はじめてお金を借りるなら金利って抵抗ありますよね?それに今後何度も使うか分からないしできるだけ利息は払いたくないもの。

そこで、お薦めなのが30日間無利息の特典のある「プロミス」や「アコム」です。

30日間無利息は、最初に借入をしてから30日分の利息が0円になるというものです。だから、30日以内に全額返済してしまえば利息は0円。借りた金額だけ返せばいいのです。30日以内に全額返済しない場合でも、最初の30日分は利息が0だからその分お得です。

例えば10万円借りた場合、30日間の利息は

100,000×18%×30日÷365日=1479円。

つまり、1479円の利息がタダになるということです。

1479円くらい少ないと思うかもしれませんが、お金が貯まる人とそうでない人の違いはその小さな節約だと言われます。それに、借りる金額が10万円ではなく100万円だったら14,795円も得する事に鳴ります。
30日間無利息は使わないと勿体ないですね。

>>プロミスの公式サイトはこちら
>>アコムの公式サイトはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ